グレッグ・チャコは米国出身のジャズ・ギタリスト/作曲家であり、これまでにバンドリーダーとして7枚のCD、6本のビデオを発表している。過去15年間、ジャズやクラシックをフェスティバル、コンサート、クラブ、ホテル、また個人的なパーティーにて演奏をしてきたが、1995年から2001年のシンガポールでの創作意欲溢れる活動は特に高く評価されている。2004年から日本で活動を始め、今回のCDは2005年に日本で初めてリリースしたオリジナル14曲で構成されているCD、"Where We Find Ourselves"に続く2枚目となる。現在、横浜市在住で、東京都内、横浜市内のライブハウス、有名企業のパーティーにて演奏を行っている。彼が生み出すクリアで叙情的な響きは、ウェス・モンゴメリーと同じスタイル、つまりピックを使わない親指を使った奏法で生み出される。彼のコード進行は瑞々しく、まるでピアニストのようであり、彼が作曲した作品は、印象的でリズミカルであると批評家達によって高く評価されている。
 
ニューヨーク生まれ。バークリー音楽院で学士号を取得。アレックス・アカーニャ、ドン・アライヤスに師事。日野晧正、ドン・アライヤス、ルー・タバーキン、マリーン、白井貴子、飛鳥 (チャゲ&飛鳥)、小柳ゆき、錦織健、東儀秀樹等と共演。また、自身のバンド「打の美」を率いて、「マウントフジ・ジャズ・フェスティバル」「オーシャン・ビュー・ジャズ・フェスティバル」「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」等へ出演するほか、NHK教育テレビや小学生向け教育ビデオの音楽、アニメーションのサウンドトラックの作曲、編曲および監督を手掛けている。
 
大学在学中より、渡辺香津美バンドなどに参加。その後スタジオミュージシャンとしてあらゆるジャンルで音楽業界に関わる。阿川泰子、タイムファイブ、鮫島由美子などジャズに限らず数多くの伴奏も務める。服部克久率いる東京ポップスオーケストラの一員として、NY国連本部ビル、カーネギーホールでの公演などもこなす。ほか、歌番組の編曲、涼風真世の音楽監督、そして、即興(ジャズ)ピアニストとしての活動も各地で定期的に行っている。自己のCDの他、多くのCDにも参加。
 
1954年 東京出身。ポール・チェンバース、レイ・ブラウンを聴いて、20歳でベースを弾き始める。ジャズベーシストの池田芳夫氏に師事するかたわら、沢田靖司カルテット、リチャードパイン&カンパニーに参加。高橋達也、トム・ピアソン、桑田佳祐、小野リサ、Hi-Fi Set、岩崎宏美、渡辺真知子、島田歌穂、鮫島有美子などの数多くのアーティストのコンサート、ライブレコーディングに参加、その他ハンク・ジョーンズ、デビット・マシュ−ズ等とも共演している。NHK-BS番組『BSジャズ喫茶』のレギュラーを3年間務めていた。豊かな音楽知識と多ジャンルに渡る豊富な経験値、強い意志と明確なイメージ作り、安定した深いグルーヴ感は日本を代表する圧倒的、唯一無二の存在である。メンバーからの深い信頼感で一目置かれた存在であり、時には厳しく時には優しくバンドのムードを盛り上げている。第一線で活躍しつづけているスタジオワークと平行し、原久美とはセッション演奏で10年以上の共演期間があるが、あえてバンド結成時に、原久美、松下誠がどうしてもメンバーに迎えたいと切望したというエピソードがそれを実証している。
 
 
 
page top